タグ:学生

こんにちは

今回は新中学生におすすめのシャーペンを紹介したいと思います。
どのシャーペンが良いのか分からない。そんな方の参考になればと思います。



まず1つ目は、pentelから発売されているSMASHです。


スクリーンショット 2020-02-06 21.24.32


価格は1000円+税で、芯径は0.5mmと0.3mmがあります。

安定感で選ぶなら0.5mm。
ノートをキレイに取ったり、小さく丁寧な文字を書きたい方は、0.3mmがおすすめです。

このペンの1番の特徴はグリップの凹凸ですが、自分としてはペン先の安定感が
1番の良いところだと思います。
ペン先とグリップが一体型になっているので、口金がグラグラしたりすることがないので
非常に安定した書き心地を味わうことができます。

価格も1000円と少し高く思われるかもしれませんが、下手に安いシャーペンを使うよりは
少し高くても良いシャーペンを使うことで勉強の効率も少なからず上がると思います。

また、このSMASHは限定色が非常に多く、「ロフト限定」や「東急ハンズ限定」などがある
ので、自分の好みの色を買うのも良いかもしれません。





2つ目は、Lamyから発売されているsafariです。



スクリーンショット 2020-02-07 18.44.05

価格は2500円+税です。
価格について、高いと思われる方が多いと思います。しかしシャーペン自体は消耗品ではなく
長く使えるものなので、入学するタイミングに購入してみてはいかがですか。

このシャーペンはグリップが3角形になっているので、非常に手にフィットします。
そのため、少し鉛筆に似た握り心地になっています。

またとにかくデザインがお洒落で、持っているだけで人気者になれるかもしれませんね(笑)
そんなことは置いておいて、本当に見た目から書きやすさまで、とてもバランスの取れた
シャーペンだと思います。

価格以上に素晴らしいシャーペンだと思います。





3つ目は、PILOTから発売されているS20です。


スクリーンショット 2019-10-20 19.40.40




価格は2000円+税です。
このシャーペンの1番の特徴は、木軸だということです。
価格は2000円と少し高額ですが、それ以上の高級感のあるシャーペンです。
また、ボディーが流線型になっているので非常に握りやすく、長時間使っても疲れにくくなっています。
また、ペン先が細くなっていて見えやすい、製図用シャーペンなのでノートを取る際にキレイに取ることができます。

カラーバリュエーションも豊かで、また芯径も0.5mmと0.3mmがあるので自分に合うものを
選んでみてください。

 




最後まで読んでくださりありがとうございました。

少しでも参考になれれば嬉しいです。 


ぜひ、自分にぴったりのシャーペンを見つけてみてください! 

こんにちは

「生活とものさし」を読んでいただきありがとうございます。


今回は、勉強のモチベーションを爆上げする方法をご紹介したいと思います。


学生の皆さん。勉強のやる気が全然出ないと感じた事はありますか?
そんな方におすすめのアプリをご紹介します。


その名は「 Study plus」です!


このアプリとは自分の勉強を記録し、努力を可視化できる。そんなアプリです。
また、皆さんのお友達と一緒にやればお互い切磋琢磨し合えると思います。
フォロー機能がついているので目標が同じ人たちと一緒に勉強を頑張ることができます!


自分も友人が紹介してくれて始めたのですが、友人の勉強の記録を見て自分もやらなきゃ。
そう思えて、このアプリを始めてから、今までより「何も勉強をしない日」が劇的に減りました。


「あいつがあんなにやってるんだったら自分だって!」

これがこのアプリの最大の長所だと思います。
お互いを高めあっていける。これは勉強にしたって他のことにしたって、
とても大切なことだと思います。


また、このアプリでは最初にご紹介した通り自分の勉強時間、勉強内容を記録することができます。
自分がどれだけ頑張ったかを可視化できるので、もっとやってやるぞ!だとか、もっとやらなきゃ。
など勉強のやる気を上げることができます。
それ以外にも、勉強した教科の偏りがわかったり、様々な使い方ができます。

他にも、コミュニティー機能などもあります。
メンバーと切磋琢磨しあってお互いを高め合えることができます。


今回は、「Study plus」をご紹介しました。

勉強のやる気が出ない方、ぜひ始めてみてください!


App Store Study plus

Google Play Study play



最後まで読んでいただきありがとうございました。



 

こんにちは。ちいさいリュックです。

今回は、学生の方に向けて僕流の「テスト前日単語暗記法」をご紹介します。


DSCF5120
 


「ちょっとずつ暗記法」 

この暗記法はその名の通りちょっとずつ暗記するという方法です。

例えば、英単語を覚えるとします。


・every
・apple
・drink
・student
・science
・pencil
・remember
・forget
・paper
・dream
・color
・note
・house
・room
・cat
・hurry
・school
・subject
・tree 
・computer


以上の20個の英単語を覚えとします。

そのときに例えば1つ目の「every」から最後の「computer」までをいっきに読んだりして
覚えるのではなく、「every」から 「science」までの5個の英単語を覚えます。
そしてそれを本当に覚えたのかをテストします。覚える数が5個なので簡単ですよね。

それが完璧になったら、次は6つ目の「pencil」から10個目 「dream」を覚えてテストします。

この時、6〜10の単語をテストするのではなく 1〜10の単語のテストをしてください。
ここは結構重要です。 


このやり方を実践すれば自分の経験上1時間で100〜150の単語がしっかり覚えることができます。

テスト前日の夜に実践したらそのテストで単語の部分で満点をとることができました。

5個ずつなので簡単で効率も悪くないし、逆にいっきに全部やるより効率が良いのではと思っています。

ぜひこの「ちょっとずつ暗記法」を実践してみてください。

もしおすすめの暗記方がありましたら、コメントにて教えてください!



最後まで読んでくださりありがとうございました。



文房具についての記事も投稿していますので、もし良ければそちらも見てみてください。
twitterもやってます。もし良ければ、フォローお願いします!
 

↑このページのトップヘ